脳の疲れ 回復

脳の疲れ 回復

脳の疲れと回復の方法について

脳の疲れと回復の方法について考えてみたいと思います。脳の疲れと言っても以外とよく分からないものですね。脳が疲れたというのはあまり実感のないものでしょう。脳というのは体の器官ですが、体の各器官は疲れを感じるものではありません。健康で正常に機能していれば長く働いてくれるものです。脳の場合は正常に機能しなくなると、肉体諸器官の司令塔ですので大変なことになります。脳の機能が衰えると肉体的にも衰えてくることでしょう。脳は肉体の司令塔と同時に心と体を繋いでいるものでもあります。そのため心の状態が体にも出るということにもなります。逆に体の状態が心を支配しているということにもなります。

 

そのことを考えるとき、脳の疲れというのは心の疲れということにもなるのではないでしょうか。心は精神と=です。心が疲れて通常の機能が失われると心の病、精神病になることもあります。脳は心の状態を体に即座に伝えます。心が疲れていれば、体の機能に問題がなくても疲れを感じることになるでしょう。一般的な医学では私たちが考えているのは脳だというのが定説になっていると思います。しかし、本当は脳が考えているものではなく、心で考えているものです。心は脳にあるのではなく、別の次元に身体と一体となって存在しているものだと思います。脳という送受信機によって心と体は繋がっているというのが新しい21世紀の科学です。

 

そのことから、脳の疲れを回復しよう思えば、心の疲れを回復することが大切になって行くと思います。では心の疲れから回復してゆくためにはどうしたらよいでしょうか。心の疲れは絶望から生まれます。なので希望を持つことが大切ですね。でも希望というのは簡単には湧いてくるものではありません。ましてや希望をなくしたから絶望しているのですから。しかし、この世界には本当は絶望という現実はどこにもありません。未来とは希望そのものだったのです。絶望は自分自身の心の中に作り出した妄想だったのです。この世界にとって自分自身が存在しているということ自体が本当の希望です。なぜなら、人間には希望に満ちた世界を創造してゆくという本当の力が眠っているからです。希望とは自らの心の中に自由に描いてゆくものです。そしてそれを創造の力でこの世界に具現してゆくことができるのが人間の本当の力だったんですね。

 

心に希望をしっかり描くことができれば、心の疲れは回復し、たとえ心の病気であったとしても回復して行きます。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

脳が疲れる原因
脳の疲れをとる方法を原因とともに考え、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳 疲れ 解消
脳の疲れをとる方法を原因とともに考え、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れ 症状
脳の疲れの症状は?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳が疲れた時
脳が疲れた時にはどうしたらいい?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳が疲れた時 食べ物
脳が疲れた時にはどんな食べ物がいいのでしょうか。
脳の疲れ 睡眠
脳の疲れは睡眠でとれる?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れがとれる生活術
脳の疲れがとれる生活術という本をもとにいろいろ考えてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ