脳の疲れ 睡眠

脳の疲れ 睡眠

脳の疲れは睡眠から!?

脳の疲れと睡眠の関係はどうなっているのでしょう。寝ても疲れが取れないというのは睡眠に問題があるからとよく言われています。脳の疲れもどんな睡眠をとっているかで変わってくるということです。脳の休息を取るのが睡眠の大切な役割とも言われています。本来は睡眠は心のエネルギーを補充しているものという考えも方もあります。私はその考えに共感を覚えます。脳の疲れと言っても、脳は本来疲れるものではないと思います。疲れを感じるというのは心の機能だと思うからです。体は心と繋がっています。それをつなげているのが脳です。脳は言わば肉体という物質世界と、心というエネルギーの世界を繋いでいるトランンシーバー、送受信機のような役割を持っている器官だと思います。

 

ラジオやテレビなどを考えてみると分かりやすいかもしれません。ラジオには見えない電波を受信して音に変換してくれて私たちに違う世界の音を聞かせてくれます。電波には周波数があって、その周波数にチューニングを合わせると受信できるようになります。ラジオには受信できる周波数の範囲があります。それと似たようなシステムでもっと高度にできているのが能ではないかと思うのです。この世界はもっと精密で緻密なもので私たちには理解できないような世界構造をもっています。それは目に見える物質の世界と目に見えないエネルギーの世界が次元の壁を越えて一つになって存在しているようなものです。

 

これ以上は通常では理解しえないものになりますのでやめておきますが、睡眠とは心が本来の場に立ち返りエネルギーを補充したり修正したりする仕組みになっているようです。心も体も脳も睡眠によって疲れが取れるというのは、こういうことがあると考えられるんですね。私たちがこの世界を去るということは心が肉体を離れるということになります。心は行くべき世界があります。その世界には大きく二つの世界があります。一つは天国と呼ばれている世界、もう一つは地獄と呼ばれている世界です。実はこれらの世界とは起きていても寝ていても繋がることができるものなんです。心の周波数が合う世界と通じてしまうのが心の機能でもあります。睡眠で疲れたり、疲れが取れないという場合には、地獄の世界に通じているために起きる現象だということが言えます。

 

睡眠によって疲れを取りたいと考えるなら、寝る前に心を調和して穏やかにしてから眠ることが大切になります。調和の周波数は天国と通じ心は安らぎのエネルギーで満たされることでしょう。反対に不調和な周波数は地獄に通じて疲労感は増してゆくことでしょう。どちらを選ぶかは人間の心のあり方に委ねられています。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

脳が疲れる原因
脳の疲れをとる方法を原因とともに考え、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳 疲れ 解消
脳の疲れをとる方法を原因とともに考え、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れ 症状
脳の疲れの症状は?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳が疲れた時
脳が疲れた時にはどうしたらいい?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳が疲れた時 食べ物
脳が疲れた時にはどんな食べ物がいいのでしょうか。
脳の疲れ 回復
脳の疲れと回復の方法について、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れがとれる生活術
脳の疲れがとれる生活術という本をもとにいろいろ考えてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ