脳が疲れた時

脳が疲れた時

脳が疲れた時には普通の理容室へ行こう!

脳が疲れた時には何も考えないで眠ることが一番だと思いますが、それがなかなか難しいものですね。一般的には神経を集中して仕事などをやった時の脳の疲れなら容易に寝ることができると思います。でも何か問題があって、解決するのが難しい場合にいろいろ悩みますよね。そんな時には寝ようとしても、いろいろ考えさせられて眠れなくなります。眠れないと脳はますます疲れが溜まってしまいます。それが続くと精神的も支障をきたすようになるかもしれません。最近ではうつ病が多くなっていると聞いています。うつ病も脳の疲れが溜まってなっていくのかなと思ったりもします。

 

なかなか難しいかもしれませんが、脳が疲れたなと感じた時には自分に合った解消法を持っているといいですね。脳の疲れは脳が緊張した状態かもしれません。だとしてら脳の緊張をほぐすための方法が必要ですね。体の疲れがマッサージをしてほぐれるように、脳の疲れもマッサージでほぐれるといいですね。脳は頭の中にありますが、頭には東洋医学で言うツボがたくさんあります。脳の疲れが頭にも出ているとすれば、頭のツボを刺激しても脳の疲れは多少癒されるのかもしれませんね。私も仕事柄、お客様の頭をマッサージすることがあります。そんな時にはみなさん疲れが取れたと言ってくれます。

 

人それぞれに感じ方は違うかもしれませんが、頭を揉んでみると意外と気持ちのいいものですね。男性の方は理容室などでシャンプーをしてもらうと気持ちがいいものですね。シャンプーは汚れを落とすだけでなく、頭のマサージにもなります。適度な強さでマッサージしながら洗ってもらうと、本当に頭がすっきりして塚が取れたような感じになります。シャンプーが終わったあとの理容室独特の頭のマッサージもいいですね。肩まで来てポンポンポンと叩かれるとホッと力みが抜けてきます。今の理容室は低料金店がメインになっている感じがします。昔からの理容室は頭の疲れを癒してくれるものでもありましたね。私もここ住数年は普通の理容室には行っていませんので懐かしい感じがします。最近はパソコンに集中しているので脳が疲れている感じですね。近いうちに近所の理容室に行って頭の疲れを取って来たいですね。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

脳が疲れる原因
脳の疲れをとる方法を原因とともに考え、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳 疲れ 解消
脳の疲れをとる方法を原因とともに考え、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れ 症状
脳の疲れの症状は?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳が疲れた時 食べ物
脳が疲れた時にはどんな食べ物がいいのでしょうか。
脳の疲れ 睡眠
脳の疲れは睡眠でとれる?心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れ 回復
脳の疲れと回復の方法について、心と体の両面から検証してみました。心の仕組みについても少し触れています。
脳の疲れがとれる生活術
脳の疲れがとれる生活術という本をもとにいろいろ考えてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ