寝ても疲れが取れない 病気

寝ても疲れが取れない 病気

寝ても疲れが取れない時の病気って?

寝ても疲れが取れないと病気が心配になるものですね。そこで寝ても疲れが取れない病気について考えてみましょう。疲れているというのは、一般的には体がダルかったり重たかったりして、元気が出ないような感じを指すと思います。運動のし過ぎで体全体の筋肉が疲労している場合も疲れた感じでしょう。逆に何もせずにゴロゴロしていても筋肉は衰えて疲れを感じたりします。このレベルは病気とは言えないレベルですね。ストレッチやマッサージを受けて体を休めたり、適度な運動をしたりすれば回復するようなものです。ぐっすり眠れば疲れはとれてしまうものでしょう。

 

では、寝ても疲れが取れないというような時に考えられる病気はどんなものでしょう。第一に考えられるのは内臓の病気でしょう。特に肝臓に問題がある場合は気をつけなければなりません。いきなり肝硬変になることは考えられませんが、何かしら症状が出た時には病気のサインとみて病院で検査してもらうことが肝要でしょう。肝臓の場合は布団の重さでさえつらく感じると聞きます。皮膚や白目が黄色っぽく見えたりしたら注意信号です。寝ても疲れが取れないということが続いたら病気を疑って病院へ行ってみた方が良いかもしれません。

 

疲れが取れない病気には甲状腺なども絡んで来るようです。甲状腺はホルモンが関係しています。甲状腺がうまく機能していないとホルモンのバランスが崩れて疲れやすかったり、動悸や息切れがしたりと他の病気を疑うような症状が出て来るようです。更年期障害と言われるものもホルモンバランスの崩れが要因と言われています。昔は閉経後の女性に多いものと言われていましたが、今では男性にも更年期障害があるようです。さらに、何故か若い人でも似たような症状が現れているのが不思議です。何らかの要因でホルモンの分泌が上手く行かなくなるのでしょう。

 

これらは精神状態と相まって複雑な病状になる場合も少なくないようです。ホルモンバランスの崩れは精神的にも大きな影響を及ぼしてしまうもののようです。ホルモンのバランスが崩れると自律神経が乱れるようです。そのために検査してどこにも異常が見つからなくても様々な症状だけが出るという不思議なことが起きて来ます。その場合には受診するのは心療内科か精神科になってくるでしょう。自律神経失調症という病名がつき安定剤や眠剤などが処方されるようです。

 

寝ても疲れが取れない時の病気で精神的なものの場合は、心を見つめ直し、変えて行くことが必要になると思います。心が明るく軽くなれば疲れもなくなることでしょう。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

寝ても疲れが取れない 原因
寝ても疲れが取れない場合の原因や解決方法をまとめてご紹介しています。
寝ても疲れが取れない ストレス
寝ても疲れが取れない場合、ストレスが原因かも?解決方法などもご紹介しています。
寝ても疲れが取れない 眠い
寝ても疲れが取れないで眠い時などの原因や解決方法をまとめてご紹介しています。
寝ても疲れが取れない 病院
寝ても疲れが取れない時の病院や解決方法をまとめてご紹介しています。
寝てるのに疲れが取れない
寝てるのに疲れが取れない場合の原因や解決方法をまとめてご紹介しています。
寝ると疲れる 原因
寝ると疲れる場合の原因や解決方法をご紹介しています。
寝ても取れない疲れ
寝ても取れない疲れの正体や解決方法をご紹介しています。
寝たのに疲れてる 寝具に問題が
寝たのに疲れてる場合の寝具の問題や解決方法をご紹介しています。
たくさん寝ても疲れが取れない
たくさん寝ても疲れが取れない場合の原因や解決方法をご紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ