目の疲れを取る方法 温める

目の疲れを取る方法 温める

目の疲れを取る方法 温める

目の疲れを取る方法で温めるというのは効果的な方法でしょう。一般的な温める方法はやっぱり蒸しタオルですね。蒸しタオルで目を温めるのは気持ちの良い方法です。男性は理容院でヒゲを剃ってもらう時に蒸しタオルを使うのでわかると思います。髭剃り後に蒸しタオルで拭き取るんですが、その際に目を蒸しタオルで暖めてくれます。目に蒸しタオルの暖かさがじわーんとしみてきて気持ちいいものです。女性のエステなどでも自宅でできる蒸しタオルエステがあります。簡単にできて効果的なので人気がありますね。

 

目の疲れを取る方法として温める蒸しタオルは温度が重要になります。疲れを取るためには血行が良くなり栄養が十分に行き渡ることが大切ですね。そのために温度は40度が最適だということです。お風呂で健康的に体を温めるのに最適な温度は38度から40度と言われています。40度くらいが一番心地よい温度なのでしょう。心地よさはリラックスできる一番の基準だと思います。蒸しタオルも40度くらいの温度で目の疲れが取れるということです。効果的な時間も10分くらいが良いと言われています。

 

目の疲れを取るときも温めるのは目だけよりも全身の方がより効果的でしょう。お風呂にゆっくり入って全身の血行が良くなれば目の疲れも取れると思います。よく熱い風呂でないと疲れが取れないと言われる人もいますが、43度以上のお湯は入り方を気をつけないと体に負担をかけてしまうのではないでしょうか。38度から40度というとぬるく感じるかもしれません。しかし、体温のことを考えてみてください。もし体温が38度から40度あったとするとどうでしょう。起きていられない状態ですね。万が一でも43度の高温が出たとしたら命の危険さえ出てきます。

 

病気になって熱が出るのは体の自然治癒力が働いているからだと言われています。ある程度熱が出ることで治す力が働いているのことが考えられます。ある意味、疲れた体を癒しているともとれます。しかし高熱が続きすぎると体力が落ちてしまい、やはり危険な状態になるのではないでしょうか。43度のお湯に長い時間入るのは避ける方が良さそうです。38度から40度くらいの温度で、ある程度の時間入ることは体のためにも良いことなのだと思います。これは自然療法でも良いとされているようですね。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

目の疲れを取るには
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、サプリメントやグッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。
目の疲れを取るツボ
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、サプリメントやグッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。
目の疲れを取るマッサージ
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、サプリメントやグッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。
目の疲れを取る食べ物
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、食べ物やサプリメント、グッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。
目の疲れに効くサプリメント
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、サプリメントやグッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。
目の疲れを取るグッズ
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、サプリメントやグッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。
目の疲れ ホットタオル
目の疲れた時にどうxしていますか?目の疲れをとる方法はいろいろありますが、その中でもツボやマッサージ、ホットタオル、サプリメントやグッツ、温めるなど、お気に入りの方法をご紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ