疲れをとる睡眠

疲れをとる睡眠

疲れをとる睡眠

 

疲れをとる睡眠とはどういうものでしょうか。イメージ的にはぐっすり眠るということで、熟睡するという事になるでしょう。深い眠りに落ちることで疲れがとれると考えられているようです。浅い眠りでは十分に疲れをとる事ができないと誰もが考えていることでしょう。疲れが溜まっていると昼までも無償に眠たくなるときがあります。そんな時には10分くらいでも仮眠をとるとスッキリ疲れがとれる事があります。眠る事をとれる疲れというのは肉体的な疲れとは別のもののように思えて来ます。

 

肉体的な疲れは体を休めればとれる事が多いとお思います。睡眠でも体の疲れは取れますがそれは体を休めているからともとれます。では眠りにつく事で疲れがとれるとはどういう事なのでしょう。これはやはり心、精神的な疲れと考える事が出来ると思います。心の疲れが体の疲れにも影響を及ぼしているのではないでしょうか。心のつかれとはエネルギーの乱れとも言えると思います。心とは物質ではなく目には見えないエネルギーと考えられます。エネルギーは東洋では気とも呼ばれていて、日本語でも日頃からなにげなく使っている言葉の中にも登場します。

 

元気、病気、気をつける、何気なく、気を悪くした、気持ち、気さくな人、気配、気を配る、気分、気ままに生きる、等々まだまだたくさんの気の使った言葉があると思います。昔の人は気という心のエネルギーの事をよくわかっていたとしか思えないものです。心のエネルギーを感じながら生きていたのかもしれませんね。現代の日本人は心がどこかへ行ってしまいました。無意識に人間は機械的なものに見えてしまっているのではないでしょうか。心をとらえる事など出来なくなっていることも、社会の大問題に繋がって行くように思えます。

 

さて、心の疲れはなぜ眠る事でとれるのでしょう。心の疲れというものは心の不調和から生まれると言えます。不調和な心を簡単に言えば暗い心という事になります。という事は、暗い心を明るくすれば心の疲れはとれるという事ですね。明るくするには光が必要です。光のエネルギーが心にも必要なのですね。寝るという事は光のエネルギーを充電しているという事かもしれません。この世界は目に見える物質の世界と目に見えないエネルギーの世界があります。エネルギーの世界にも暗い闇の世界と明るい光の世界があります。そのために寝ている時にどちらの世界に行くかで、疲れがとれるか取れないかが決まるのでしょう。

 

どちらの世界に行くかはあなたの心次第という事になります。心の疲れをとりたいと思ったら、寝る前に心を落ち着けて、出来るだけ心を調和して行く事が大切です。心を明るくする瞑想も効果的ですね。心に明るい光のエネルギーが充電されれば、体の疲れも軽くなるはずです。これは私たちがこの世を去って向かう先の世界とも関連している事ですね。人はこの人生だけで終わるものではないという話でした。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

疲れをとるグッズ
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時に体の疲れをとるグッツをご紹介しています。
疲れをとるサプリメント
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとるサプリメントについて考えてみました。
疲れをとるストレッチ
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとるストレッチをご紹介しています。
疲れをとるツボ
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとるツボをご紹介しています。
疲れをとるマッサージ
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとるマッサージについてご紹介しています。
疲れをとるレシピ
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとるレシピを考えてみました。
疲れをとる食べ物
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとる食べ物を考えてみました。
疲れをとる食事
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時の体の疲れをとる食事を考えてみました。
お風呂で疲れを取る
疲れた、疲れやすい、疲れが取れない・・・。そんな時のお風呂で疲れを取る方法を考えてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ